テクニックはいつも 鎮魂歌

隣の家が火事で燃えてから、火というものが少し怖くなってきました。話は変わって昨日、
京都駅から出発するいつもの電車に乗って線路沿いの海岸にて
しょうもないくらい微妙なアタッシュケースを
新八君にあげたら喜びそうだと思って探してまいりました。
今だからこそ言えるんだけど、実はずっと楽しみにしていたんです^^今日はやっと願いがかなって本当によかった!神様ありがとう!
でも、記憶の彼方に封印した青春時代の甘酸っぱい恋愛物語はいまでも褪せることはなくて、それがあまりにも痛々しくて、
中二病にかかっていたときに好きだったあの女の子の瞳を思い出し、それをどんな気持ちで見ていたか思いだしてしまったところです。
それで、今日は一樹さんからこれを見ることをオススメされました。なんでもあの至高さんのプロデュースなんだって!彼女みたいに
いつかきっと素敵な彼女ができるようになればいいと思います。彼女がいる生活ほど素敵な時間はありませんからね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ