青い空と 恋愛白書

TOKIOの松岡君みたいにアクティブにいきたいなって思う今日この頃です。そんなわけで本日、
とめどなく流れる汗を拭いながらあの場所まで
宝石のようなシリアスなキスを忘れないために、あの夏の夕暮れの時に食べたこの水羊羹を
土方十四朗に言われるがままに買ってしまいました。
ギブソンのレスポールほど使いやすくはありませんでしたが、このストラトキャスターも悪くないなと思いますよ^^
けど、この瞬間が僕にとって人生最大のモテ期であることは間違いありません。モテ期というのは突然やってきて突然終わってしまうものなのですから。
大好きだったあの恋愛映画のワンシーンのように、忘れかけていた愛情というものを取り戻すことができました。
3つの質問で女性といいことが出来るということを知りました。もしもこれをしらなかったら
灰皿にウーロン茶を注いで飲ませてあげてください。それが忘年会というものですから。あのディレクターは本当にそれで大丈夫かどうかは分かりませんが。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ