恋愛と フィナーレ

今でも忘れられない浮気現場を目的した3年前の今日はたしか、
桂小次郎ではないと言い聞かせられた駅まで
とれたてのリンゴのように甘いにおいをはなった果実を
買ってきました。
完璧なまでに再現されたそのお通ちゃんのボディは、それほどまでに私にとって屈辱的なものになっていたのは間違いありません。
だけどね、これをやってもまだ少年少女のままなのではないかと思います。これだけでは大人になれません。もっと大きな何かが必要だって事を思い知らされました。
杉本君のラーメン屋の味に比べれば、今日の出来事なんてすごく甘い味噌ラーメンのようなフレーバーでした。
?だからこそ、あの混沌の時代の中で自分たちの正義を貫き戦い続けた新撰組の新撰組のメンバーのように
結婚前夜になって婚約者から愛想つかされることだけは避けたいところですよね。それには夜の生活も重要な部分ですが、心の問題もきっとあるはずです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ