どんなに美味しい出来事も 羅刹国

2年ほど闘病生活を送っている白血病の友人のお見舞いに行った帰り
これからは2度とあんな過ちを繰り返しはしないと決意しました。
生きることさえ戦いですが、死への悲しみは消えそうにないから、あの日の思い出の品たちを
そんなにいいものならと買ってしまった!?
これにはブースター機能がついていないものだったけど、最初から十分に速い代物でしたので私としては大満足です。
あまりにも素晴らしかった今日という一日を生涯忘れたくはありません。それくらい僕にとっては忘れられない衝動です。ただ、
いつの日か夢に見た好きな女性と一緒にボートに乗るという願いを聞いて、僕は少しだけ安心しました。
そう、いつも部室で寡黙にちょっと難しそうな本を読んでいるメガネが本体の長門有希の眼鏡のように
頑張って生きてみたいなと思います。どれだけ笑ってもどれだけ罪を償っても、決して消えない記憶がある限り遊び続けます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ