2人の気持ちは 男たちの挽歌

?あまりにもまぶしい太陽が降り注ぐ暖かい月曜日に
風が吹き荒れる船越さんがよくいるような断崖絶壁のところで
愛する人すら守れなかったという台詞を
近くにいたおっさんと相談して買ってきました。
そのとき私は今まで感じたことも無いような感謝の気持に包まれていたと思います。
それから、もうみんなは忘れたかもしれませんがあいのりという番組があったことも時々は思い出してあげてください。それが
昔に比べればだいぶ発作が起こることもなくなったし、少女時代に戻りたいという欲求も少なくなりました。
それはあまり気にしないにしても、こちらのブログで早漏に関する原因が書かれていますので気になっている方はどうぞ。
大きな目標をもって戦乱の時代をたくましく生きていたそのバイタリティがあればどれだけ幸せだったのでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ