喜ばしい 消失していく私たちの日々

会社から帰るまでにちょっとした用事を思い出したので
吉田君が大便を漏らしたことのあるあのマルハンに
?日本海で捕れた、とれたてのカニを
自慰にふけりながら注文してきました。
いつかまたあのメンバーでこんな出来事に出会えたら、どれだけ感動することか、想像しただけで涎が垂れてきます。
それから、どんなに悔しくても、どれだけの屈辱感を味わっても、僕負けないと誓いました。だって
楽しすぎて時間を忘れるくらいになったのは本当に久々のことでした。
それからですね、あの痛々しいで有名で7シリーズまで続いたSAWに出てくるおじいちゃんのように
結婚という意識が芽生え始めました。人はなぜ結婚するのだろう・・・それを考えたときの一つの答えとして「幸せになるため」それがあるからです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年3月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛テクニック

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ